FREE赤ちゃんプロフィールカードを作っちゃおー!選べる10種類。ちょっとおしゃれに赤ちゃん命名&プロフィールカードをお付けして商品をお届けします。詳細はこちら。

FREE選べるラッピングのし。ラッピング8種類のし4種類。内祝いギフトをかわいいデザインで演出します。

教えて!内祝いに関するマナーなどを弊社ベテランスタッフがお応え致します。

私たち先輩ママが教えます。私たちはコレで喜ばれました。

意外と知らない内祝いに関するお役立ち情報

操作方法ヘルプ。詳しいお買い物手順はこちら

 
  • MYページ
  • 会員登録
  • カゴの中を見る
 

ときめき本舗とは?

 

お客様の声

 

デジタルフォトフレームプレゼント

 
 

アイテムから探す

カタログギフト

名入れギフト

日用品・雑貨(タオル等)

フード

スイーツギフト・お菓子ギフト

人気のギフト

定番のギフト

インテリア・寝具

インテリア

キッチン テーブルウェア

ベビーグッズ キッズグッズ

小物

雑貨

洗剤

送料無料の商品

30%OFFの商品

 

赤ちゃんとおかあさんのためのアラカルト

 

送料一律480円。北海道、沖縄、離島は除く。1配送先に5000円以上のお届けの場合送料無料

 

キャンペーン

 

FAX注文PDFダウンロード

 

メール添付用ダウンロード

OpenOfficeインストール

 

ときめき本舗のブログ

 

フェイスブック

 

ツイッター

 

アメブロ

 

営業日カレンダー

2016年6月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2016年7月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

赤 が休業日です

※定休日及び営業時間外での ご注文は、翌営業日での受付 となりますので、ご了承くださいませ。

 
 
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

 

出産内祝い マナー

ご出産おめでとうございます。ご出産で大変だったと思います。ほっとしたのも束の間、いただいた沢山のお祝いにお返しをしなくちゃ! でも、何をどうしていいかよくわからない。そもそも出産内祝いの事でわからないことだらけかと思います。そこで基本的な出産内祝い関連のマナーをご紹介いたします。

変わりつつある内祝い。

内祝いとは、日本独自の一つの風習です。選ばれるお品物も年々変化していきます。昔は皆さん、形式にこだわられましたが、現代はいかに先様に喜んで頂けるか。が一番の商品選びの基準になっています。現在の一番選ばれる商品はカタログギフトや名入れスイーツなどが多いです。え?っと思われるかもしれませんが、ご年配の方にミッキーやアンパンマンなどのキャラクター商品を贈られても以外に喜ばれます。その理由は現代はどんどん核家族化が進み、ご年配の方の家に小さいお子さんがいらっしゃいません。その為、どうしても家の中が地味になってしまいます。そこで、小さいお子様を思わせるキャラクター商品が以外と喜んで頂けると思います。特に、キャラクターのタオルや、ひざ掛けなどはものすごくご年配の方にも評判が良いです。

変わりつつある内祝い。

出産内祝いって?

昨今の内祝は、ご結婚、ご出産、病気などの快気など、内々におめでたい事があった事を指します。ここでは出産内祝いについてご説明します。まず、簡単にご説明いたしますと、赤ちゃんの生まれたお祝いを下さった方へのお返しを出産内祝いと言います。のしの書き方は全国的には「内祝 ○○」(○○は赤ちゃんのお名前です。)が、圧倒的に多いです。他には「出産内祝 ○○」、「命名内祝 ○○」、「日晴れ ○○」との書き方などがあります。 出産内祝は一番分かりやすい表現ですね。命名内祝いは赤ちゃんのお名前をお披露目するという思いがこもっています。日晴れとは九州地方の一部で使われます。
日晴れとは、お宮参りの事で、「無事、お宮参りを済ませました」と皆様にお伝えする気持ちがこもっています。いずれの書き方にしても、内祝いとは内々のお祝いのお裾分けと言う意味です。また、地域ごとに表書きなどが異なります。地域、地域の風習は当店のWEBショップの土地柄の豆知識に県別にまとめて詳しく書いてありますのでご参考までにご覧下さい。

出産内祝いって?

出産内祝を贈る時期。

内祝いの品を贈る時期ですが、一般的にはお宮参りの前後が多いです。但し、地域によって異なります。地域によっては生後百日位、経ってからお返しされる地域もあります。当店「土地柄の豆知識」をご参照下さい。さて、では何処の地域の風習で贈ろうか?と迷われると思いますが、当店のお薦めは赤ちゃんのパパの出身地、または現在、お住まいになっていらっしゃる地域にあわせて頂くのがお薦めです。祝い事は少々遅れても問題有りません。むしろ、早すぎる内祝いはあまり好まれません。風習には正解はありません。 世間一般常識を知った上でパパとママにて決定して頂ければ問題ないと思います。

出産内祝を贈る時期。

どんな物を贈ればよいの?

さて、一番の悩みどころですが、何を贈ればよいのか?これは出産内祝いに限らず贈り物全般の悩みどころです。理由は簡単で、先様に喜んで頂けるかどうか?です。先様のライフスタイルが分かっていればあまり迷われないかもしれませんが、中々、そういう訳にはいきません。せんえつながら当店からアドバイスさせて頂きますと、一番皆さんが贈られる物はカタログギフトと名入れギフトです。これは単に当店の商品別の売上げ数の集計です。 但し、やはり皆さんご自分が頂いて嬉しかったお品物を思い出して選ばれている様な気がします。あとはやはり実用品が喜ばれると思います。ご年配の方でもあまり、ご年配という事を意識されない方が良いと思います。逆にあまりお薦め出来ない物は趣味趣向が強い物、柄、色が極端に強い物は避けられた方が無難かもしれません。
一番無難なのは先様にお好きな物を選んで頂くカタログギフトかもしれません。ただし、カタログギフトは昨今、皆さん沢山頂いていらっしゃると思います。「またカタログギフトか~」と思われるかもしれません。そこで、当店ではカタログギフトだけではなく、ちょっとしたプチギフトと2品贈られるのをお薦めします。その為、カタログギフトのランクを一つおとして頂ければ良いと思います。

どんな物を贈ればよいの?

おいくら位のお返しをすれば良いか?

まず、こちらも決まり事は有りません。但し、世間一般的の例ですと頂いた金額の半分位でされる方が多いです。ちょっと派手な地域ですと頂いた金額の八割位お返しされる地域もあります。ここで当店からのアドバイスですが、頂いた金額と同金額のお品物をお返しするのはタブーです。これには理由があり、悪くとられると、「つき返す」という意味になってしまいます。それでも、頂いた金額と同金額をお返しされたい場合は「出産内祝」と「こんなに大きくなりました。」という気持ちを添えて「端午の節句」や「ひな祭り」などに二回に分けてお返しされるのがお薦めです。またこちらもパパの出身地の風習や、今、お住まいの地域の風習に合わせていただくのがお薦めです。

おいくら位のお返しをすれば良いか?

以上が一般的に出産内祝いに関する内容になります。
しかし、実はお客様がお住まいの都道府県、もっと言いますと同じ県内でも地域によって出産内祝い関連のマナーや風習は異なる事があるのです。
当店ではその細かなマナーや風習を都道府県別に分けてよりわかりやすく紹介しています。
下の地図からお知りになりたい都道府県を選択して見て下さい。

日本地図 神奈川県 千葉県 東京都 茨城県 埼玉県 栃木県 群馬県 福島県 宮城県 山形県 岩手県 秋田県 青森県 北海道 大阪府 兵庫県 奈良県 京都府 和歌山県 滋賀県 三重県 愛知県 福井県 岐阜県 石川県 富山県 新潟県 長野県 山梨県 静岡県 岡山県 鳥取県 広島県 島根県 山口県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 大分県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県